保育士になるには【保育士資格取得するために】

MENU

保育士の就職先の探し方

保育士の資格を取得すると、殆どの人が保育士として働く事ができる就職・転職先を探すと思います。

 

しかし、保育士の職場探しは特徴的です。

 

たとえば、一般的には在学中であればエントリーシートを記入し、
企業説明会に足を運ぶなどします。

 

ですが、保育士として就職先を見つける場合は、
そのように企業説明会に足を運んだりはせず。
在学する学校に出された求人票等から面接につながり、
本人と保育所の直接的なやり取りによって内定がもらえたりします。

 

また、実習でお世話になった保育所から声がかかり、
簡単な説明をして内定をもらえることも少なくありません。

 

保育士として働く場を探すときには、
まず、自分なりの就職活動のゴールを決めておきましょう。

就職活動のゴールとは

就職活動を始める前に、就職活動のゴールを決めておくことが必要です。

 

漠然と就職活動をするのではなく、
どのような形態で働くのか、どのくらいの賃金が必要なのかなど、
自分にとって妥協できない点を、ある程度なら妥協できる点を決めておきます。

 

自分なりのポイントは人それぞれ異なると思います。

 

たとえば、以下のようなポイントの絞り方があります。

 

・公立の保育所を目指し公務員になることを目指す。
・公立保育所から民営化された保育所を目指す。
・週3日程働けて勤務に融通が効く保育所を目指す。
・勤務時間がきっちりしているところを目指す。
・企業が運営している保育所を目指す。
・給料や勤務体系はともかく、保育所の保育方針が自分の考えと合っているところを目指す。

 

この目標設定が上手くいっていないと、
保育所と自分のミスマッチがおきてしまいい、
後になってから「環境があっていなかった。」と
長続きしない等の問題が出てきてしまう可能性が高くなります。

 

自分が妥協できる部分、妥協できない部分の目標、
つまり就職活動のゴールをきっちり決めてから、
就職活動をスタートさせましょう。

 

そして、就職先は一つの方法ではなく、
色々な方法で行ってみるとよいでしょう。

 

幅広く就職先を探し、より自分にあった施設を見つけてください。

 

保育士自体は人材不足の傾向にありますから、
求人も沢山あります。

 

ある程度の就職の目標を見つけ、納得ができる就職活動を行いましょう。

就職先の探し方

(1) インターネットで探す方法

 

インターネットでは色々な情報を得る事ができ、
就職や転職に関する情報もいろいろ得られます。

 

インターネットでは、保育士専門の求人サイトもいくつもあります。

 

その中から、勤務形態や地域など、詳細な設定をして検索することができます。

 

実際に就職をしようというのではなくても、
自分の地域の求人の数や賃金の相場等を調べる事ができるので、
ぜひ、検索して情報を得てくださいね。

 

また、企業が行っている保育施設から
個人経営の保育所まで、さまざまな求人が掲載されています。

 

実際に就職しようと思ったときには、
専任のコンサルタントがついてくれる求人サイトもあり、
そのコンサルタントは職場探しの心強いサポーターになってくれます。

 

インターネットの情報は上手く利用しましょう。

 

(2) ハローワークで探す方法

 

ハローワークは足を運ぶのが面倒ですが、
通勤に便利な職場を見つけることができますし、
ハローワークの職員が求人を出している施設への問い合わせや
連絡なども行ってくれます。

 

地域の私立保育園などに就職したいと考えている場合などは、
ハローワークや地元の求人雑誌などで見つけてください。

 

施設もハローワークへの求人掲載は無料で行う事ができます。
ですから多額の費用をかけて求人サイトに掲載するよりも、
地域のハローワークを利用したほうがコストを抑えることができるので、
多くの求人が集まってきます。

 

ハローワークの求人は、条件が良いものはすぐに募集が締め切られてしまいます。

 

ハローワークの求人は、まめに目を通しておきたいですね。

 

(3) 求人雑誌や広告から探す方法

 

雑誌やチラシだけに求人を出している場合、
それを見た人しか求人情報を知りません。

 

インターネットやハローワークに比べ、
求人情報に目を通す人が少ないので、
こまめにちぇっくしてみると良いですね。

 

(4) 区役所などの募集から探す方法

 

公務員として保育士を目指すのであれば、
欠かすことができない就職先を探す方法になります。

 

地方自治体等によって、募集方法や試験の日程等が異なります。

 

年度によっては募集していない場合もありますから、
希望する市町村を決め、役所に連絡してみてください。

 

募集予定や必要な提出資料などについても教えてくれるはずです。

 

試験日が重複しなければ、
複数の市町村に応募することもできます。

 

(5) 学校に来る求人から探す方法

 

養成学校や大学などを卒業し、保育士資格を取得した場合は、
在学している学校に来る求人を利用することができます。

 

多くの学校には、「就職相談室」という窓口が設置されています。

 

その就職相談室では、求人を紹介したり、
就職活動についてアドバイスしたりしてくれていて、
在学中の生徒の多くはこの窓口を訪れています。

 

また、学校によっては卒業後でも求人を紹介してくれるところもあります。

 

既卒者は、卒業した学校に問い合わせてみてください。

 

保育所によっては、いくつかの学校に絞って求人を出すところもありますよ。