保育士になるには【保育士資格取得するために】

MENU

保育士の公務員試験対策

公務員試験は、実施される自治体によって問題の内容や試験日、
受験方法等が異なります。
一般的な公務員試験対策についてみていきましょう。

 

公務員試験の試験会場

 

公務員試験の一次試験である筆記試験は、
その地区の区役所や市役所が会場になるのが一般的です。

 

服装に特に決まりはないので、多くの人が私服で受験しています。

 

筆記試験の内容

 

筆記試験の内容は、五肢択一式の一般教養と専門知識の問題が90分、
小論文が90分というような感じです。

 

筆記試験は、出題範囲がとても広いので、
試験対策のための苦労をする人が多いです。

 

中学や高校で勉強した国語、数学、社会、英語、美術、物理など
全ての範囲から幅広く出題されます。

 

苦手科目に時間をかけて勉強するよりも、
得意分野、出題頻度が高い分野にポイントを絞って
勉強すると良いですね。

 

公務員試験専門のための短期間の民間学校などに通うのも良いかもしれません。

 

専門知識の筆記試験の内容は、
保育原理等の保育士資格試験に出題されるような分野からの問題となっています。

 

難易度は各自治体によってさまざまですが、
保育士資格を持っている人、或いは保育士資格を取得する見込みの人であれば、
今までに勉強してきた内容の分野ですから、
一般常識問題に比べて難易度は低いと感じるかもしれません。

 

小論文

 

小論文は、一次試験ではなく二次試験に持ち越される場合もあります。

 

小論文のテーマは、原稿用紙を配られた時点で発表され、
保育に関すること、人物、知識などについて
テーマに沿って原稿用紙2.3枚にまとめるというものです。

 

事前に、このようなテーマが出されたらあの話題を入れよう!など、
ポイントだけを決めておくと本番でスムーズにかく事ができます。

 

公務員試験の小論文対策の本等も出版されていますから参考にしてみてください。

 

公務員採用試験の二次試験

 

公務員試験では、一次試験の合格者に対し、二次試験が実施されるのが一般的です。

 

二次試験の内容も自治体ごとに異なりますから、
対策をするにはまず受験する自治体の過去の試験内容を把握しましょう。

 

実技試験の内容は、さまざまで簡単に「体力測定だけ」という自治体もありますが、
討論会、ピアノ試験、弾き語り試験、絵本の読み聞かせなどが行われるところもあります。

 

公務員採用試験では、筆記試験の点差を
実技や面接で挽回する事もできます。

 

実技試験などでは、実際に人前に立つ事を想定した試験内容になるため、
緊張する人も多いと思います。

 

しかし保育士としてやっていくためには、
子どもの前に立つ、親の前に立つのは当然出来なければならないことです。

 

自分なりの努力をして、自信を持って試験に臨みましょう。

 

実技試験の情報

 

公務員採用試験の実技試験の情報は、
自治体によって異なりますが、
公式ウェブサイトで公開しているところもありますから、
参考にしてみてください。

 

公務員採用試験の面接

 

公務員採用試験では、どの自治体でも必ず組み込まれています。

 

今まで試験に合格してきた人の中から、
保育士として職務に就く上でより適していると思われる人を選ぶために
面接試験が行われます。

 

面接は個人面接の場合もありますし、グループ面接の場合もあります。

 

筆記試験の成績がライバルよりも低くても、
面接試験は、挽回できるチャンスです。

 

・面接試験でよく質問される内容

 

なぜ、市職員の採用試験を受験したのですか?

 

もし採用されたら、どのような職員になりたいですか?

 

保育園内で、障害児の園児に対し健常の子供が
「なぜ○○君は・・・」と障害について聞いたことで、
周りの子どもたちが騒ぎ始めてしまったとき、
あなたなら保育者としてどのように行動しますか?

 

公務員批判についてどう思われますか?

 

幼稚園教諭の資格も持っているようですがなぜ保育士を目指すのですか?

 

保育士として働くことうえで、最も大切にすべき事は何だと思いますか?

 

他の自治体の採用試験を受験されていますか?

 

あなたは勤務する保育所にモンスターペアレントがいた場合、どのように対応しますか?

 

 

・・・概ねこのような内容の質問がされると思います。

 

色々な質問を想定し、それに対する答えを見つけておくと良いですね。