保育士になるには【保育士資格取得するために】

MENU

保育所の年中行事

保育所では、日本の文化や行事について
子どもたちに伝え、一緒に体験するなどします。

 

ですから、年間を通して保育所に通うと、
春には春の、夏には夏の行事を体験し、
体験を通して色々学んでいくことができます。

 

そして、行事を通して、
子どもたちに豊かな感性や情緒が育ち、
日本という自分の国の文化や成り立ちを
理解する事もできるようになります。

 

幼くて、まだまだ理解できない事もありますが、
その都度話をし、伝えていく中で、
自然と理解が出来るようになります。

 

また、季節の行事だけでなく、
保育所ならではの行事が行われるなどします。

一般的な年中行事と保育所で行われる季節の行事

・4月

 

春の交通安全週間(6日〜15日)、
昭和の日(29日)

 

入園式
始業式
健康診断
誕生会

 

・5月

 

憲法記念日(3日)
みどりの日(4日)
こどもの日(5日)
母の日(第二日曜日)

 

保育参観
春の遠足
誕生会

 

・6月

 

衣替え(1日)
虫歯予防デー(4日)
時の記念日(10日)
父の日(第三日曜日)
夏至(21日ごろ)

 

歯科検診
プール開き
誕生会

 

・7月

 

七夕
海の日(第三月曜日)

 

七夕祭り
夕涼み会・夏祭り
夏休み
お泊り保育
誕生会

 

・8月

 

原爆の日(6日、9日)
お盆(13日〜15日)
終戦記念日(15日)

 

お盆休み
誕生会

 

・9月

 

防災の日(1日)
動物愛護週間(20〜26日)
敬老の日(第三月曜日)
秋の交通安全週間(21日〜30日)
秋分の日(23日ごろ)

 

避難訓練
敬老参観日
十五夜
誕生会

 

・10月

 

衣替え(1日)
体育の日(第二月曜日)
読書週間(10月27日〜11月9日)
ハロウィン(31日)

 

芋ほり遠足
運動会
ハロウィンパーティー
誕生会

 

・11月

 

文化の日
立冬(8日ごろ)
七五三(15日)
世界子どもの日(20日)
勤労感謝の日(23日)

 

秋の作品展
誕生会

 

・12月

 

冬至(22日ごろ)
天皇誕生日(23日)
クリスマスイブ(24日)
クリスマス(25日)
大晦日(31日)

 

大掃除
クリスマス会
餅つき
誕生会

 

・1月

 

元旦(1日)
書初め(2日)
七草(7日)
鏡開き(11日)
大寒(20日)

 

お正月
たこ揚げ大会
誕生会

 

・2月

 

節分(3日ごろ)
立春(4日ごろ)
建国記念日(11日)
バレンタインデー(14日)
うるうの日(29日4年に一度)

 

豆まき
劇遊び・生活発表会
誕生会

 

・3月

 

ひな祭り(3日)
耳の日(3日)
春分の日(21日ごろ)

 

ひな祭り
終業式
卒園式
誕生会

 

誕生日会

誕生日会は、毎月行われます。

 

自分が保育園に通っていたときの誕生日会を覚えている人も
多いのではないでしょうか。

 

誕生日会は、その月に生まれた保育所内の子どもたちがホール等に集まり、
園長や保育士、お友達などみんなに祝ってもらい、
自分が生まれてきたことに喜びを感じる日にします。

 

みんなの前で保育士からメダルや冠などを貰い、
その日は「スター」として扱われ、満面の笑顔で過ごすのです。

 

「大きくなったね。」とみんなにお祝いをされ、
「嬉しい」を沢山感じる日となります。

七夕まつり

保育所に大きな笹を登場させ、織姫様や彦星様の話を聞いたり、
その夜は「晴れるといいな」と願ったり、
自分の願いも聞いてもらおうと短冊に願い事を書いて吊るすなどします。

秋の運動会

10月の前半に運動会を行う保育所が多いです。

 

園児が元気良く体操をしたりダンスを踊ったり、かけっこをしたりします。

 

運動会当日に向けて、二学期からは毎日運動会の練習も楽しみながら進めていきます。

 

運動会では、年齢が上がれば上がるほど
競技が盛り上がるようになります。

 

卒園を控えた年長さんなどの競技や演技の応援に熱が入り、
わが子の成長した姿に涙があふれる保護者も多いのではないでしょうか。

 

父親や母親だけでなく、運動会には祖父母など大勢揃うという家庭も多いのではないでしょうか。

 

子どもたちはみんなに応援され、
おいしいお弁当をみんなで食べるなど、
とても素敵な思い出を作ることも出来ます。

 

その思い出は何物にも変えがたいものとなるはずです。