保育士になるには【保育士資格取得するために】

MENU

保育におススメな絵本

「絵本」は、子どもにとっても保育士にとっても大切なものです。

 

好きな絵本を好きな先生に読んでもらったり、
好きな絵本を何度も自分で読み返したりする事は、
子どもの心の発達にとても貢献してくれます。

 

紙芝居は「芝居」です。

 

表現豊かに声の強弱をつけたり、
声色を替えるなどの工夫をしながら読みますが、
絵本を読むときはあまりそういうことはしません。

 

絵本を読むときは、
その絵本に対して、子どもがどのような思いを持つのか、
読んだ後にどんな気持ちになるのかが1回1回違います。

 

絵本は子どもの想像性を育むことができるのです。

 

最初はあまり難しく考えず、
色々な絵本を読んであげましょう。

 

だんだん、自分の好みの絵本や子どもたちに好まれる絵本が
どのような絵本なのか自然に分かってきます。

 

子どもたちに伝えたい事があるときなども、
絵本を使ってメッセージを届けることもできます。

乳児におススメな絵本

・「もこもこもこ」たにかわしゅんたろう作/もとながさだまさ絵

 

もこもこもこ、にょき、ぱく、ひゅーんと言う声の響きがとても楽しい絵本です。

 

何回も読むうちに乳児でも一緒に声が出ますよ。

 

シンプルな絵本ですが、どの乳児も好きになる絵本です。

 

・「ぐりとぐら」なかがわりえこ作/おおむらゆりこ絵

 

ぼくらのなまえはぐりとぐら。
このよでいちばんすきなのは おりょうりすること たべること。

 

出来上がったお菓子は絵なのに触ってみたくなるほどおいしそうです。

 

大きな卵をどうやって割るのかな?どんなお菓子ができあがるのか?
など、ワクワクする「ぐりとぐら」シリーズの第一弾の絵本です。

 

・「きんぎょがにげた」五味太郎作

 

丸いピンクの金魚が部屋の中を泳ぎまわるお話です。

 

金魚を探しながら子どもと一緒に楽しむ絵本です。

 

・「ねないこはだれだ」せなけいこ作/絵

 

せなけいこさんの絵本は、乳児クラスによく置いてある絵本ですね。

 

「ねない子は誰だ?」とお化けから怒られるという
小さな子がドキドキしてしまうお話です。

 

あまり怖がらせないように注意しながら読んでくださいね。

 

・「きゅっきゅっきゅっ」林明子作

 

「きゅっきゅっきゅっ」と手や口を拭いてもらう赤ちゃんの絵に、
乳児の子どもが見入ってしまう絵本です。

 

リズムよく「きゅっきゅっきゅっ」と読んであげてくださいね。

幼児におススメな絵本

・「スイミーちいさなかしこいさかなのはなし」レオ・レオニ作/絵

 

レオ・レオニの絵の中でも日本で一番有名な作品。

 

小学校の国語の教科書にも引用されていたりします。

 

仲間の魚が大きな魚に飲み込まれ、
悲しくさびしい気持ちになったスイミー。

 

大きい魚を打ち勝つために、スイミーは仲間と協力します。

 

お友達と上手に遊べるようになる幼児期にぜひ読んであげたい絵本です。

 

・「すてきな三にんぐみ」トミー・アンゲラー作/絵

 

もともとは泥棒の三人組が、魅力的なヒーローになるお話です。

 

・「めっきらもっきらどおんどん」長谷川摂子作

 

主人公の男の子が見た夢というには壮大すぎる出来事が起こります。

 

「ちんぷくまんぷく・・・」と、子どもたちと一緒に歌いながら読むと楽しいです。

 

・「わたしのワンピース」西巻茅子作/絵

 

真っ白なスカートに虹や星が映り、
本当にこんなに素敵なワンピースがあったらいいのになと
ワクワクしてしまう絵本です。

 

女の子が好きな絵本のひとつです。

 

・「にじいろのさかな」生源寺美子作/山本まつ子絵

 

キラキラ光る魚のうろこがとてもきれいな絵本。

 

子どもたちも大好きですし、
保育の制作活動でも良く利用される絵本です。

 

・「まないたにりょうりをあげないこと」シゲタサヤカ作/絵

 

どんどんまな板が分厚くなっていきます。
そしてふてぶてしくなっていきます。
でも、ドキドキしちゃう絵本です。

 

大人が読んでも面白い絵本ですよ。

 

・「たいせつなこと」マーガレット・ワイズ・ブラウン作

 

年齢が高い子ども向けの絵本です。

 

大人でも何かしら考える一冊でしょう。

 

一つずつゆっくり読みましょう。

 

「あなたがあなたであることは」・・・考えさせられる絵本です。

 

・「おだんごぱん」

 

粉箱の隅から寄せ集められた粉で作られた「おだんごぱん」。

 

出来上がったと思うと、コロコロ・・・転がって逃げてしまいます。

 

最後は、子どもたちも、あっ!とびっくりしてしまうお話です。

 

・「14ひきのねずみ」いわむらかずお作

 

ねずみの大家族が、森の中で生活する様子が
とてもほのぼのと描かれている絵本です。

 

シリーズとなっていて、色々なお話があります。

 

・「チョコレートをたべたさかな」みやざきひろかず作/絵

 

偶然に人間型なの上から落としたチョコレートを食べた魚の一生のお話。

 

年齢の高い子ども向けの絵本です。

 

静かにお話は進みますが、「死」ということは
どういうことなのかを考えるきっかけにする子どももいます。

 

・「はじめてのおつかい」筒井頼子作/林明子絵

 

絵柄がとても温かく、どのページにも隠されたメッセージが
あちこちにちりばめられている絵本です。

 

おつかいに行くお姉ちゃんを「頑張って!」と応援したくなる絵本です。

 

・「ずーっとずっとだいすきだよ」ハンス・ウィルヘルム作/絵

 

読んでいる自分も毎回涙がこぼれてしまう絵本。

 

絵本の中盤をすぎる頃から、
友達である大事なエルフィーが歩けなくなり、動けなくなり・・・

 

胸が苦しくなるような切なさを感じる本です。

 

大切な存在との別れをどのように受け入れるのか、
どうしたら悔いなく乗り切る事ができるのか、
避けられない辛い別れとの向き合い方を「ぼく」が教えてくれる絵本です。