保育士になるには【保育士資格取得するために】

MENU

保育士のニーズ

日本では少子高齢化が進んでいます。

 

つまり、子どもがどんどん少なくなっています。

 

子どもが少なくなっているのであれば、保育士の仕事も減っていくのでは?
と思う人もいるでしょう。

 

ですが、最近は保育所が不足し、保育所に入りたくても入れない子どもが沢山います。

 

それらの子どもを「待機児童」と呼んでいて、
よくニュースやワイドショーなどでも待機児童の問題について取り上げれられています。

 

子どもを預けたいと思っても、預ける事ができない家庭が多く存在していて、
国や自治体もこの現状を改善しようと動いています。
しかし、認可保育園への企業参入等を促していますが、
参入条件が厳しかったり、整備費用などの問題もあり、
思うように進んでいません。

 

ですから、保育士の就職関しては、「売り手市場」の状態が続いていて、
保育所が特に不足している都市部では、地方まで出向き
人材を確保している例もあるほどです。

 

このように保育士のニーズは高く、
保育士資格は、需要のある国家資格になっています。

保育士のニーズが高まる背景

近年は、結婚後、専業主婦になる女性が少なくなっていて、
夫婦共働きが当たり前のような時代になっています。

 

そして、女性の社会的地位が上がったこと、
男性一人の経済力では家計が苦しいと感じる家庭が増え、
社会に出て働きたいという女性が増えています。

 

そうなると、保育所に子どもを預けたいという絶対数は
必然的に増え、保育所の需要は比例し高まっていきます。

 

また、9時から17時までという勤務体系も、
時代の移り変わりと共に変化し、
夜遅い勤務帯の仕事も珍しくなくなっています。

 

そこで、保育時間の延長で対応する延長保育なども
標準的になりつつあり、
今後、さらに需要は多様化し、拡大していくでしょう。

 

このような社会全体のライフスタイルはどんどん変化しています。

 

保育士の存在の必要性も、拡大する事は確かです。

 

経済が上向けば働く女性は減るかもしれません。
しかし、今の状態をみて、将来を想像してみても、
そのように劇的に日本の経済状態が良くなるとは考えられません。

 

ですから、女性が子どもを預けて働くという傾向は、
今後も変わらないと思います。

 

国や自治体も待機児童の解消のために、
積極的な取り組みをしていますから、
しばらくの間は保育士不足の状態は続くと予測できます。

企業内の保育所

今までよりもさらに充実した社員向けの育児支援を求める声が高まる企業内。

 

企業としても優秀な人材を出産や育児をきっかけに失いたくありませんから、
事業所内に社員のための保育施設を設置する企業が増えています。

 

近年は、一定規模以上の企業に保育士施設の設置を義務付ける
民間主導の少子化対策が提案されました。
このことによる今後の動向も注目されています。

保育士資格の保育所以外の需要

保育士は、保育所だけでなく、さまざまな施設で配置の義務が課されています。

 

たとえば、保育所は勿論ですが、
乳児院や児童養護施設、母子生活支援施設、
知的障害児施設、児童館・学童クラブ、院内保育施設などで、
保育士資格を持つ職員が求められます。

 

このように保育士は、保育所での乳幼児の保育だけでなく、
さまざまな施設からその力を必要とされています。

 

保育士を目指す人にとって、
幅広い職種に対応できる保育士資格は、
より魅力的に感じる事ができるでしょう。