保育士になるには【保育士資格取得するために】

MENU

園長になって収入UP!

保育士という仕事は、自分の特技を活かすこともでき、
立派で意味のある仕事です。

 

しかし、経済的に安定するのだろうか?
と言う不安が残ります。

 

なぜなら、保育士の仕事は、
給料が他の職種よりも少なめの傾向があります。

 

そして、なかなか昇給しない事もあります。

 

ただし、一定の年齢までに、「主任」などの
役職や肩書きがあれば昇給も望めます。

 

また、園長になればもっと年収も高くなるでしょう。

 

一般的な昔からあるような社会福祉法人などの保育園では、
主任までの役職に就く事はできますが、
園長となると簡単ではありません。

 

実際に園長に就任するのは、
世襲制である事が多いので、園長の息子や娘である事が多いのです。

 

ですが、近年は、企業が数々の保育園を立ち上げ、
保育支援に乗り出しています。

 

その数はとても多く、認可保育所も認可外保育所も沢山あり、
どんどん増え続けています。

 

そのような企業が立ち上げた保育所であれば、
一定の期間保育士としての経験を積み、
信頼を置くに値する人であると判断されれば
園長になれる可能性が出てきます。

 

園長になるためには特別な資格が必要なわけではなく、
保育士資格と経験、保護者や同僚などとのコミュニケーションがとれること、
自分と関る人たちと信頼関係を築く事が出来る事・・・
というヒューマンスキルがあれば園長への道も開けてくるでしょう。

公務員になって収入を安定させる!

公務員試験を受け、各自治体の職員となり、
公立の保育園等に配属されると収入が安定します。

 

同時に待遇も安定します。

 

しかし、配属先の保育所を自分で決めることは出来ませんし、
保育士という採用枠での採用となるので、
配属先は保育所だけでなく自治体にある公立の
障害児の施設である可能性もあります。