保育士になるには【保育士資格取得するために】

MENU

男性保育士の給料

新卒で採用されると、大卒、短大卒など学歴によって給料に違いがあルことはありますが、
女性の保育士との差があるような事はありません。

 

勤務する保育園によっては、スポーツの指導や、
バスの運転を担当すると、手当が加算されるなどします。

 

雇用形態や地域によって、給料には大きな違いが出てきます。

男性保育士の需要

近年は、男性保育士の需要がとても高まっています。

 

そして、男性で保育士になる人も年々増えていて、
以前のように目ずらし存在ではなくなりつつあります。

 

以前、カリスマ保育士と呼ばれる人が注目され、
男性保育士がメディアなどで特集されるなどして、
認知度が高まってきたということもあります。

 

とはいっても、男性保育士は、
保育士全体に占める割合で見ると、まだ全体の3%にも満たないというのが現状です。

 

しかし、この3%にも満たない男性保育士が、
今までの保育所にはなかったような環境を作り出しています。

 

とはいっても、新しい環境とは特別なものではなく、
「男性の先生とドッジボールをする」、「男性の先生と一緒にごはんを食べる。」、
「男性の先生と一緒に炎色に出かける」など、
保育所で男性が子どもと一緒に生活するという環境です。

 

子どもがより豊かに育つためには、
男性が一緒に生活するということは、
ごく自然な環境です。

 

このようなごく自然な環境の中で、
男性という存在を目で見て、さまざまな経験をすることができるのです。

 

勿論、女性の保育士だけでの環境でも子どもたちは成長していきます。

 

しかし、男性の保育士がいるということで、
ダイナミックな遊びができます。

 

男性の保育士は、仕草や行動が女性とは違います。

 

体つきや声も違います。

 

そのようなところを見ることができるという環境があるだけで、
子どもにとっては良い刺激になります。

 

他にも、保育所に男性保育士がいるということのメリットは
色々あります。