保育士になるには【保育士資格取得するために】

MENU

保育士が知っておきたい食育

食育とは、「食」に関する経験を通じて
「食」に対する知識を高めたり、
健全な食生活を実践できるようにする教育の事です。

 

味覚が発達する子どもの頃にジャンクフードなどで育ってしまうと、
それに慣れた味覚が出来上がってしまいます。
すると、大人になっても健全な食生活に
戻る事ができなくなる可能性があるといわれています。

 

ですから、子どもにとって食育はとても大切です。

 

なんとなく「たくさん食べないと大きくなれないよ。」
と子どもに言い聞かせるだけでなく、食育の狙いや
必要性、指導の方法等を保育士が理解をし、
子どもと接する事で、指導の幅が広がります。

 

子どもたちには食育を学べる環境を与える事が必要です。
そして、子どもたちには、食育を学ぶ事ができる環境を与えてあげる事が必要です。

 

最も食事を共にするであろう両親の食に対する意識を高め、
親子で一緒に食について学ぶのが理想的です。

 

また、保育士も子どもたちと食事を共にします。

 

保育所では、お昼ごはんとおやつの時間があります。

 

一日2回、子どもたちと食事を一緒にとる保育士も、
食育についての知識を持っておく必要があり、
なぜ、好き嫌いをしないでごはんを食べるのか、
食事の大切さ、料理を作る力などを子どもたちに教えていく事が必要です。

 

保育所での保育の内容や運営に関して厚生労働省がまとめた
「保育所保育指針」の「第5章健康及び安全」にも
食育に関して、記載がされています。

 

食育の知識は、保育士にとって必ず役に立ちます。

 

保育士は、子どもたちがその姿にあこがれたり、マネをしてみようと思うなど、
成長する過程で大きな役割をする存在です。

 

そのような中で、子どもに教える得意なことに、
食育があるのはとても素敵なことです。

 

子どもたちに自信を持って指導できる項目が増えると、
自分自身の保育のスキルアップにもつながりますし、
子どもや保護者からの信頼にもつながります。

 

子どもたちはとても素直で、保育士の影響を強く受けます。

 

保育士の教え方一つで子どもたちの反応は変わります。
保育士として面白い部分でもあり、責任を感じる部分ですね。

 

保育士をするなら、ぜひ、食育に興味を持ち、知識を得てください。
そしてその知識を持って、子どもと「食事の時間」を過ごしてみてください。

保育所保育指針の第5章「健康及び安全」第3節「食育の推進」

保育所における食育は、
健康な生活の基本としての「食を営む力」の育成に向け、
その基礎知識を培う事を目的として、
次の事項に留意して実施しなければならない。

 

(1) 子どもが生活と遊びの中で、意欲を持って食に関る経験を積み重ね、
   食べる事を楽しみ、食事を楽しみあう子どもに成長していくことを
   期待するものであること。

 

 @ 食育の目標

 

  保育所に置ける食育は、「食を営む力」の育成に向け、
 その基礎を培うために、毎日の生活と遊びの中で、
 自らの意識を持って食に関わる体験を積み重ね、食べる事を楽しみ、
 大人や仲間等の人々と楽しみ合う子どもに成長していくことを期待するものです。
 食育の実施に当たっては、家庭や地域社会と連携を図り、
 それぞれの職員の専門性を活かしながら、共に進めることが求められます。

 

 A 食育の内容

 

  「保育所における食育に関する指針」が示す食育の5項目を参考に、
 保育のないように食育の視点を盛り込むよう努めることが必要です。

 

  食に関する体験がこれらの項目の間で相互に関連を持ちながら
 総合的に展開する事ができるように援助します。

 

  食育の5項目とは・・・

 

   1. 「食と健康」: 健康な心と身体を育て、自らが健康で
            安全な生活を作り出す力を養う。

 

   2. 「食と人間関係」: 食を通じて、他の人々と親しみ会うために、
              自立心を育て、人と関る力を養う。

 

   3. 「食と文化」: 食を通じて、人々が築き、継承してきた
            さまざまな文化を理解し、作り出す力を養う。

 

   4. 「いのちの育ちと食」: 食を通じて、自ら含めたすべての
                いのちを大切にする力を養う。

 

   5. 「料理と食」: 食を通じ、素材に目を向け、素材にかかわり、
            素材を調理することに感心を持つ。

 

 

(2) 乳幼児期にふさわしい食生活が展開され、
   適切な援助が行われるよう、食事の提供を含む食育の計画を作成し、
   保育の計画に位置づけると共に、その評価及び改善に努めること。

 

(3) 子どもが自らの感覚や体験を通して、
   自然の恵みとしての食材や調理する人への感謝の気持ちが育つように、
   子どもと調理員とのかかわりや、調理室など食に関る保育環境に
   配慮すること。

 

(4) 体調不良、食物アレルギー、障害のある子どもなど、
   一人ひとりの子どもの心身の状態などに応じ、
   嘱託医、かかりつけ医などの指示や協力の下に適切に対応すること。

 

    栄養士が配置されている場合は、
   専門性を生かした対応を図ること。