保育士になるには【保育士資格取得するために】

MENU

認定こども園

保育園のいいところ、そして幼稚園のいいところをあわせ、
お互いの不足している点などを補い、
これからの保育ニーズに対応させる事を目的とした保育施設が
「認定こども園」です。

 

保育所と幼稚園では、それぞれの基準があります。
そのため、保育時間や教育面など、
さまざまな部分で違いがありました。

 

その違いは、保育所と幼稚園の特徴とも言えるものであり、
今までは特に問題はなかったのですが、
最近の保育ニーズが多様化していることから
改善して欲しいと言う声が大きくなってきました。

 

また、待機児童の増加や幼稚園の園児数減少などの問題も重なり、
そういった問題の解消にも役立つと考えられ、
認定こども園は誕生しています。

 

近年は、共働き世帯が増えました。

 

そのことで子どもを保育所に収容しきれず、
入園できない待機児童が増加しています。

 

そして、保育時間が少ない幼稚園では、
入園者が減少傾向にあるのです。

 

さらに、保育所に幼稚園のような教育面の指導を
行ってほしいという声が保護者から寄せられるようになったということも
認定こども園の誕生の背景にあります。

 

既存の保育所や幼稚園が、
認定こども園として認定されるためには
その施設が決められた条件を満たす必要があります。

 

その認定基準を満たすと、
都道府県知事から認定こども園として認定を受ける事ができます。

認定こども園のタイプ

認定こども園には4つのタイプがあります。

 

(1) 幼保連携型

 

幼保連携型の認定こども園では、既存の認可幼稚園と既存の保育所が連携し、
一体的な運営をしています。

 

幼保共通の活動を行い、親の就労に関らず、午前は幼稚園教育、
午後は保育所での保育を受ける事ができるという特徴があります。

 

(2) 幼稚園型

 

幼稚園型の認定こども園は、既存の幼稚園に保育所機能を加えたものです。

 

預かり保育よりも実施期間と時間が拡大し、
利用額は各園によって異なるという特徴があります。

 

保育所の補助金が出ないので、保育サービスを受けていない人の利用料も
上がる可能性があります。

 

(3) 保育所型

 

保育所型の認定こども園は、既存の保育所に幼稚園機能を加えたものです。

 

三歳以上の児童に対して、従来幼稚園で行われていたような
教育的な要素のある時間を組み込むという特徴があります。

 

(4) 地方裁量型

 

地方裁量型の認定こども園は、、都道府県が独自に認めたものです。

 

地域のニーズに応じて多様な施設を作ることが出来、
利用料は自由設定と言う特徴があります。

 

利用料が自由設定と言う点では、サービス内容によっては
利用料が上がる可能性があります。