保育士になるには【保育士資格取得するために】

MENU

保育士を配置する義務がある施設(児童福祉施設最低基準)

・乳児院(乳幼児10人以上を入所させる乳児院の職員)

 

看護士の配置(最低7人配置)
 2歳未満の乳幼児概ね1.7人につき1人
 2〜3歳未満の幼児概ね2人につき1人
 3歳以上の乳児概ね4人につき1人
*看護師は、保育士または児童指導員をもって代えることができる。
ただし、乳幼児10人の乳児院には2人以上、
乳幼児10人を超える場合は、概ね10人増すごとに
1人の看護師を配置。
*乳幼児20人以下を入所させる場合には、
上述の保育士のほか、保育士1人以上を配置。

 

・乳児院(乳幼児10人未満を入所させる乳児院の職員)

 

看護士の配置(最低7人配置)
 1人を除き、保育士または児童指導員で代替できる。

 

・母子生活支援施設

 

保育所に準ずる設備の保育士の配置(最低1人配置)
乳幼児おおむね30人につき1人

 

・児童養護施設の職員

 

児童指導員、嘱託医、保育士、個別対応職員、家庭支援専門相談員、
栄養士、調理師、乳児が入所している施設の場合は看護師、
対象者10人以上に対して心理療法を行う場合は心理療法担当職員、
職業指導員・児童指導員及び保育士のい配置。

 

児童45人以下を入所させる施設にあたっては、下記にさらに1人以上を加える。
 3歳未満の乳児おおむね2人につき1人
 3歳以上の幼児おおむね4人につき1人
 少年おおむね6人につき1人

 

・情緒障害児短期治療施設の職員

 

精神科又は小児科の診療に担当の経験を有する医師、
心理療法担当職員、児童指導員、保育士、看護師、個別対応職員、
家庭支援専門相談員、栄養士、調理師