保育士になるには【保育士資格取得するために】

MENU

保育所と幼稚園の違い

保育所と幼稚園は、どのように違うのでしょうか。

 

未就学の子どもが通う保育所と幼稚園は、
それぞれに特徴があります。

 

そして、預ける側、働く側にとっても大きく異なります。

 

所轄省庁

 

保育所は厚生労働省、幼稚園は文部科学省です。

 

法令

 

保育所は児童福祉用によって定められ、幼稚園は学校教育法によって
定められています。

 

入園できる年齢

 

保育園は0歳児〜小学校就学前、幼稚園では満3歳〜小学校就学前です。

 

1年間の保育日数

 

保育園では特に規定はありません。

 

幼稚園では、特別な事情を除き、39歳を下回らない事となっています。

 

先生の配置基準

 

保育園では、保育士1人につき、0歳児クラス人、
1.2歳児クラス6人、3歳児クラス20人、4.5歳児クラス30人となっています。

 

幼稚園では1クラス35人以下となっています。

 

給食

 

保育園では給食は義務です。

 

ですから、保育所では、基本的に給食があります。

 

保育施設によっては、お弁当の日があるところもありますが、
保育士も普段は、子どもたちと一緒の給食を食べます。

 

栄養がある食事をしっかりとることができるので、
働く保育士にとっても嬉しい事です。

 

幼稚園の給食は任意のため、
園の方針にもよりますが、
保護者のニーズに合わせて給食を実施しているところもあります。

 

しかし、給食を作る設備を持った幼稚園は少ないため、
殆どが園児用の弁当を作る業者に依頼しています。

 

資格保有者

 

保育所では、保育士資格を持っている保育士の配置が定められています。

 

幼稚年では、幼稚園教諭免許を持っている幼稚園教諭の配置が定められています。

 

先生の勤務体系

 

保育所の先生の勤務体系は、早番、通常勤務、遅番などシフト体制です。

 

土曜保育があるので、交替で出勤します。

 

保育所では、延長保育を含めると一日12時間ほど開いている施設もあります。

 

幼稚園の先生は、固定勤務です。

 

預かり時間は少ないですが、準備等の業務で、
実際は8時間から12時間の勤務時間となります。

 

つまり、固定勤務とはいっても、幼稚園の先生は定時に帰れる事の方が少ないようです。

 

基本的に残業代が出るわけではないので、
保育所のようにしっかりとしたシフト体制に魅力を感じる人もいますが、
幼稚園には、夏休みや冬休みのような長期休暇があります。

 

保育内容

 

保育所では、年齢に合わせて保育を行い、
基本的名生活習慣の指導を行い、健全な心身の発達を
目的とする保育指導を行います。

 

保育所の目的は、児童福祉法第三十九条により、
「日々保護者の委託を受けて、保育にかけるその乳児、
又は幼児を保育する事」とあります。

 

ですから、基本は生活面を中心とした指導が中心です。

 

保育所に対し、幼稚園の目的は、
学校教育法第二十二条により「幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために
適当な環境を与えて、その心身の発達を助長すること」とされています。

 

幼稚園では、園によって大きな特徴があり、
子どもの自主性を尊重する自由保育を中心に行う園、
小学校に向けた教育に力を入れている園などさまざまです。

 

とはいっても、近年は、「保育園と幼稚園がもつ良いところをあわせ、
それぞれの問題点を解決しようという「幼保一元化」の動きも見られます。

 

この幼保一元化の背景には、保護者の多様化するニーズや
待機児童の問題などもあります。

 

保育園では、学習綿にもう少し力を入れて欲しい、
幼稚園では、もう少し保育時間を延ばして欲しいというような声が
高まっているという点も背景として挙げられるでしょう。