保育士になるには【保育士資格取得するために】

MENU

保育士の給料

保育士の給料は「低め」です。

 

長期的に見ても、橋梁のベースアップは他業種に比べると小幅です。

 

民間の保育所に就職し、年を追うごとにぐんぐん昇給していくかと期待しても、
難しいでしょう。

 

しかし、保育士は、景気に左右されにくく、
賞与は例年通りに貰う事ができる事が多いので、
収入が安定しているといえるでしょう。

 

地方自治体によっては、公立の保育所で働く保育士を募集しています。

 

公立の保育所は倍率が高く難関ですが、
地方公務員として保育士を目指す事もできます。

 

公務員であれば、給料は定期昇給を望めますし、
よほどのことをしなければ解雇される心配もないでしょう。

 

公立の保育所は、待遇が良くなるので、
生涯保育士として働き続けたいと思っている人には、
とても魅力的な職場になりそうです。

給料が上がらない保育所と上がらない保育所

民間の保育所でも、俗に言う「ブラック企業」のような待遇のところもあります。

 

過度なサービス業、低賃金という環境に悩まされ、
やめていく保育士もいます。

 

保育士という仕事は、お金では測り知れないやりがいがあります。
しかし、働いた対価としての給料も重要な条件です。

 

保育士自身に心の余裕がなければ、
子どもたちとより良い状態で関っていく事ができません。

 

ですから、就職する前に、
しっかり給料面や待遇を把握しておく事が必要です。

 

求人票を見ただけでは、その施設の実態を把握するのは難しいです。

 

就職する前には、「求人票の内容で不明瞭のところはないか」、
「小規模な保育所ではないかどうか」、
「結婚したら退職といった暗黙のルールのようなものがない施設かどうか」
と言う点について確認しておくとよいでしょう。

安定している施設

「公立保育所から民営化された保育所」や、
「認可保育所」、「企業内保育施設」、
「院内保育施設」などを展開している企業の保育所は、
安定している施設であるといえるでしょう。

 

公立保育所が民営化される場合、
その民間保育所は行政側から選定されて運営を委託され、
認可保育所となります。

 

保育所であればどこでも良いというわけではなく、
認可保育所の場合は、国が認めた設置基準をクリアし、
都道府県知事に認可された施設であることが条件となっています。

 

入札や抽選で権利を取得できるわけではありません。

男性保育士の給料

男性が保育士になりたいという場合、保育士は給料が少ないということもあり、
親などから反対されるという例も少なくありません。

 

また、給料が少ないため、家族を養っていけるか心配という声もよく聞かれます。

 

10代、20代であれば、公務員を目指せば給料面の不安は解消できるでしょう。

 

しかし、30代で保育士に・・・というのはおススメできません。

 

男女平等とはいっても、やはり保育士の世界は、まだ男性の門戸は狭いといえます。

求人票の確認

保育士としての就職を探す場合に限った事ではありませんが、
就職先を探す場合は職場となる保育所の雰囲気や規模など、
色々比較してみる事が大切です。

 

たまたまはじめに見た求人票が、とても条件がよく気に入った!
と言う場合でも、複数個所を比較してみてくださいね。

 

また、求人票の待遇綿や給与面もしっかり確認しておきましょう。

 

月々ではたいしたことがなくても、
年間になると大きな差が出てくることもあります。

 

実際に勤務してから不満があったとしても
待遇を改善するのは難しいのが現実ですから、
自分なりの希望や妥協点についてもしっかり考えておき、
あせりすぎず、じっくり就職先を探しましょう。

 

また、給料だけでなく職場の雰囲気や人間関係、
教育方針などによって仕事のモチベーションや楽しさ、
やりがいなどによっても大きく変わります。

 

ですから、給料さえ良ければよい保育所であるとはいえません。

 

自分なりのラインを決めておき、
ラインからずれているところは、長い目で見ても妥協できるかどうか、
考えてみる事が必要ですね。